お客様目線で相談に乗ってくれる環境ステーションがベスト

メンズ

不動産投資のコンサル

2人の女性

専門知識が必要なとき

現在のところ銀行預金はローリスクな投資ですが、リターンも非常に小さく、銀行が破綻する可能性もゼロとは言えません。株式や有価証券はハイリスクハイリターンで、利益を上げるには独自のノウハウが求められます。不動産投資はミドルリスクミドルリターンで、サラリーマンの副業としても比較的始めやすいのが特徴です。しかしリスクを避けるためには、やはりある程度の専門知識が必要になります。環境ステーションは賃貸アパートやマンション経営のコンサルティングを行なっている会社です。不動産投資に興味を持っているが、何から始めてよいか分からないとき、気軽に相談することができます。環境ステーションでは電話やWEBでの問い合わせも受け付けています。

賃貸管理サービスの利用

もちろんコンサルティングだけでなく、具体的な不動産の取引や契約代行、物件の調査や開発から金融機関との交渉まで、環境ステーションは幅広い業務を取り扱っています。また投資物件購入後は、賃貸管理サービスを利用することもできます。入居者募集や賃料徴収といった面倒な仕事を任せられるので、本業で忙しい方でも余裕を持って経営できるのが特徴です。このほか適切なリフォーム計画を立案し、建物の資産価値を維持するとともに空室リスクを下げることが可能です。不動産投資は相続税の軽減策としても効果的なことが知られています。環境ステーションでは相続や生前贈与に関しても、専門家の立場からさまざまなサポートを受けることができます。

変動することを知っておく

模型と紙幣

インターネットを使って周辺の賃貸物件の家賃相場を調べる目的は、正しく家賃が設定されているかどうかを知るためです。老朽化に伴って家賃が下がっていくという特徴を知らないと、高いままに設定していたがために、入居者を逃がしていることに気づけなくなります。

安定した収益を得るには

アパート

マンション経営を成功させるためには、安定した家賃収入を継続して得ることが大事です。空室リスクを減らす方法として、不動産業者とサブリース契約をするならば、安定したマンション経営が出来るので、良い手段と言えます。

投資のリターンを考える

マンション

不動産は経年劣化していくため、減価償却期間もあるため築年数が長いほど資産価値は下がる傾向にあります。ですから、マンション投資をする時は、物件を売却する時のタイミングも上手く考える必要があります。