お客様目線で相談に乗ってくれる環境ステーションがベスト

模型

安定した収益を得るには

アパート

空室を作らない

マンション経営をする上で大切なことは、安定した収益を得ることを第一に行動することです。マンション経営のためには、投資の対象となるマンションを購入した後の管理が重要です。入居者を探して長く借りてもらうことで、収益を得ることが出来ます。経営が上手くいけば、安定して不労収入を得ることが出来ますが、空室が続いてしまうと、収益を得られないだけではなく、管理費、修繕費、固定資産税等で赤字になってしまいます。マンション経営を成功させて、安定した収益を得るためには、空室を作らないことが最も大切なことと言えます。そのための手段として、サブリースがあります。これは、入居者に直接物件を貸すのではなく、不動産業者に物件を貸す方法です。

サブリースを利用する

サブリースを利用してマンション経営をするメリットとは、安定した家賃収入を得ることが出来る点です。入居者が退去をした空室の期間でも、サブリース契約をしている不動産業者から家賃収入を得ることが出来ます。また物件の管理や入居者の募集など、一括して委託をすることが出来ますので、マンション経営をする上で必要となる仕事をすべて任せることが出来ます。デメリットとしては、直接入居者を見つけて、賃貸をするよりも安い家賃収入となることです。但し、マンション経営を成功させる上で最も大切なことは、安定して家賃収入を得ることですので、不動産業者とサブリース契約をしてマンション経営を行なうことは、正しい選択ということが出来ます。