お客様目線で相談に乗ってくれる環境ステーションがベスト

模型

変動することを知っておく

模型と紙幣

ネットで調べよう

マンションをはじめとする賃貸物件を持つオーナーにとって、空室というリスクは常に付きまといます。新しい物件の間は、比較的コンスタントに入居者を確保できるものの、建物が老朽化するにしたがって入居者が出ていき、空室が増えていってしまいます。その理由として、正しい家賃相場が設定されていないという理由が挙げられるのではないでしょうか。賃貸物件の場合、家賃相場は一年に1%程度ずつ下がると言われていますが、その理由は建物の老朽化によるものです。できあがった際に設定した家賃をそのままずっと適用していたとしたら、入居者からは高いと思われてしまうということになります。そのため、インターネットを利用し、適切な家賃相場を調べる目的で情報収集をする必要があります。

年数と周辺物件との比較

適切な家賃相場の設定をするには、建物ができて何年経つのかということをしっかり把握することと、周辺にある同程度の賃貸物件でどのくらいの家賃設定をしているのかを調べることです。賃貸物件の家主としては、誰もが空室を作りたくないという気持ちは同じですので、必然的に互いに情報を探り合うことになり、同じ条件の物件は似たような家賃相場で供給されるという特徴を持つことになります。そうなると、後は入居者の好みによって、どこが選択されるかということになり、家主はもう何もできず、ただ待つだけとなります。とはいえ、家賃相場を周囲の同じような物件と同じランクに設定したとなれば、選択肢の候補として挙げられますので、空室のリスクがこれまでよりも低くなるのは確かです。